乳酸菌と腸内細菌のストレス対策効果で慢性炎症・うつ・アトピー改善

ストレス対策には乳酸菌・腸内細菌が効果的です。またキラーストレス対策は慢性炎症・うつ・アトピー性皮膚炎を改善するために大切です。

乳酸菌の効果がストレス対策にオススメである理由

当ブログでは乳酸菌の効果がストレス対策にオススメである理由について述べていますが、この記事では乳酸菌などの腸内細菌がなぜストレス対策に効果的であるかについて書いていこうと思います。

 

乳酸菌がストレス対策に効果を発揮する理由は、腸内に乳酸菌などの善玉菌が増えると、その分、ストレスに対する抵抗力やストレスへの耐性が増すと考えられるからです。

ちなみにストレスをある程度感じることは、生きていくうえで必要だとされていますが、長期間、慢性的なストレスが続き、副腎からストレスホルモンのコルチゾールが分泌され続けると、次第に長引く炎症によって心身が蝕まれ、うつ病認知症などの病気の原因になってしまうとされています(キラーストレス)。

しかしそのような過剰なストレスの対策に、乳酸菌やビフィズス菌などの腸内細菌は有効なのです。

 

ストレスと腸内細菌の関係については、2004年、科学雑誌「Journal of Physiology」に掲載された九州大学の須藤信行教授の研究が有名ですが、マウス実験においては、腸内細菌の存在がストレスの影響を左右していることが分かったのです。

このことはどういうことかといえば、腸内にどのような腸内細菌が生息しているかによって、体内のストレスに対する反応は変わってくるということです。

 

また医学博士の藤田紘一郎氏は、『人の命は腸が9割』のなかで、「ストレスへの耐性を自ら高めることが、病気を防ぐ最大の方法」であるとし、「ストレスから心身を守るには、善玉菌が優勢で、多種多様な菌が共存する腸内環境を保つ工夫をすることです。それが心身のストレスへの耐性を自ら高める最大の方法です」と述べています。

さらに『腸を鍛えればストレスは消える!』において、ストレスには腸の状態が影響するということについて詳しく述べています。

 

 腸にはたくさんの神経細胞が集中していますから、脳が感じたストレスの情報が、脊髄や自律神経を通じてすぐさま伝わります。そのため、腸は非常にストレスに敏感です。

 また、食道から胃、腸にいたるまでつながっている消化管は、脳とは独立した独自の神経系があるため、脳からの情報をただちに受け取るだけでなく、脳に対してさまざまな情報発信を行っています。

 腸は、情報伝達の受け手というよりは送り手であることのほうがはるかに多いのです。体の中では脳が司令塔としてもっとも重要な役割を果たしていると考えている人が多いでしょうが、真の司令塔は腸にあるというわけです。(藤田紘一郎『腸を鍛えればストレスは消える!』p24~25)

 

腸を鍛えればストレスは消える

乳酸菌を増やす「プロバイオティクス」でストレス対策

 では具体的にどのようにして腸内に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やしていけば良いのでしょうか?

そのためには「プロバイオティクス」が効果的だと考えられます。

「プロバイオティクス」とは生きたまま腸にたどりつき、そこで産生する乳酸などの代謝産物が、ヒトのカラダに有益な健康効果をもたらしてくれる微生物のことです。

つまり、乳酸菌やビフィズス菌などの体に良い影響をもたらす菌が含まれた食品(「プロバイオティクス」)を直接腸内環境に送り込んであげるのです。

実際、この「プロバイオティクス」によって、抗ストレスホルモンである「コルチゾール」の値が減少したという研究報告があります。

 

 ヒトの気分に対するプロバイオティクスの効果を調べた治療として優れたものは、これまで数件しか発表されていない。そのうちの一件では、女性の被験者にプロバイオティクスを四週間投与した後、怒った顔と親しげな顔の写真を見せて、そのときの脳の活動を計測した。その結果、気分に大きな変化は見られなかったが、情動反応が抑制されることがわかった。(ティム・スペクター『ダイエットの科学 「これを食べれば健康になる」のウソを暴く』 熊谷玲美訳 白揚社 p94

 

女性と男性の両方を対象とした別の同じような治験では、血中のコルチゾール値が減少していた(コルチゾールはストレスがあると増える)。この効果は、プロバイオティクスを摂取してから一カ月後にも見られた。また、ヨーグルト会社がスポンサーになった研究では、牛乳そのものではなく、ヨーグルトに含まれる微生物のほうに、脳の中枢部分を活性化させ、やはり否定的な考えを抑える可能性があることが確かめられた。(同上

 

このように「プロバイオティクス」によって乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が腸内に増えれば、ストレスへの耐性が増すことは十分考えられます。

また、腸内細菌のバランスを整えるためには、食物繊維オリゴ糖など、善玉菌のエサになる栄養成分が含まれた食品である「プレバイオティクス」を、乳酸菌などの有用菌が含まれた「プロバイオティクス」と一緒に摂るようにすることも大切です。

 

「乳酸菌革命」は「プロバイオティクス」としてオススメのサプリメント

ちなみに、「プロバイオティクス」に関しては、ヨーグルトなどから有用菌を摂取するよりも、サプリメントのほうが効果的だと考えられます。

なぜならサプリメントであれば、製品の種類にもよりますが、一度にたくさんの数の菌が摂れるからです。また、どのような菌が作用するかは個人差があるため、「プロバイオティクス」としてサプリメントを摂取する場合は、様々な種類の菌が配合されているものを選ぶと良いと思います。

当ブログでストレス対策としてお勧めしたいのは、健康いきいき倶楽部が販売している「乳酸菌革命 」です。

 

乳酸菌革命

 

健康いきいき倶楽部の「乳酸菌革命」には、1粒に約500億個もの乳酸菌が含まれていることに加え、 ビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌をはじめとした乳酸菌が16種類も配合されています。

また、有胞子乳酸菌であるため胃酸に負けることなく、腸にしっかりと届いて腸内細菌のバランスを整えます。

さらに乳酸菌生産物質、食物繊維オリゴ糖酵母エキス粉末なども一緒に配合されており、これらの栄養成分も腸内細菌のバランスを整えるのに役立ってくれます。

 

乳酸菌革命

 

ちなみに「乳酸菌革命 」に配合されている乳酸菌は以下の通りです。

 

  • ビフィズス菌・・・ヒトの腸内で善玉菌として働き、悪玉菌の増殖を抑え、免疫力を高める。
  • ラブレ菌・・・強い生命力をもち、胃酸に負けず腸に届いて腸内環境を整える。
  • ガセリ菌・・・ビフィズス菌とともに悪玉菌を抑え、腸内細菌のバランスを整える。

 

  1. ビフィドバクテリウム・ロンガム
  2. ビフィドバクテリウム・ビフィダム
  3. ビフィドバクテリウム・アドレッセンティス
  4. ラクトバチルス・アシドフィルス
  5. ラクトバチルス・ブレビス
  6. ラクトバチルス・ジェンセニー
  7. ラクトバチルス・バラカゼイ
  8. ラクトバチルス・ガッセリー
  9. ラクトバチルス・ブルガリクス
  10. ラクトバチルス・ヘルベティカス
  11. ラクトバチルス・ラクティス
  12. ラクトバチルス・カゼイ
  13. ラクトバチルス・ラムノーサス
  14. ラクトバチルス・デルブリッキ
  15. エンテロコッカス・フェシェーム
  16. ストレプトコッカス・サーモフィルス

 

乳酸菌革命

乳酸菌革命には☆1粒に500億個☆ヨーグルトの5倍以上の乳酸菌! が配合されています。

 

以上、ここまで乳酸菌などの腸内細菌の効果がストレス対策にオススメである理由について述べてきましたが、腸内に乳酸菌などの善玉菌が増えると、その分、ストレスに対する抵抗力やストレスへの耐性が増すと考えられるため、日頃から「プロバイオティクス」を中心に腸内細菌を増やしたり、腸内細菌のバランスを整えたりするようにすることは、ストレスを防ぐためにお勧めです。

 

 

微生物コミュニティの構造の変化は腸にいくつかの影響を及ぼす可能性があるが、なにより重大なのは、炎症にかかわる影響かもしれない。消化管では、腸壁の透過性を上げ、結果的に腸の微生物相の数と種類を調整するうえで決定的な意味をもっている。ストレスは腸膜の透過性を上げ、結果的に腸の微生物相に影響を及ぼす。(ロブ・デサール , スーザン・L. パーキンズ『マイクロバイオームの世界』斉藤隆央 訳 p255